高城剛英会話 高城剛旅行

© 《ハイパーノマド高城剛のカバンの中身》LIFE PACKING ライフパッキング-BLOG- All rights reserved.

青本/高城剛著「旅をテーマにした高城式世界の遊び方」

【2014/11/1追記】

高城剛さんがAmazonデジタルパブリッシングで最も売れた作家に選ばれました。

それを記念して、高城剛の旅行スポットをまとめてある

「青本」が期間限定で半額セールをしています。

僕を含め、ほとんどの人が購入済みかもしれませんが、

まだ手に入れていない人は今がタイミングですね^^

期間限定 280円 ⇒ 140円 

「青本」 Amazonで見る

 

====== 追記 ここまで =======

 

高城剛の電子書籍「白本」 「黒本」 続き、ついに「青本」が発売されました。

 

創刊から早くも2年半が経った高城未来研究所『Future Report』(フューチャーレポート)の

Q&Aコーナーから「旅」をキーワードに厳選、加筆したものが今回の『青本/高城剛著』です。

 

僕は旅が大好きでメルマガをまとめていたので、

「旅がすきだけど、メルマガをまとめていなかった」という方にはナイスな電子書籍ですね。

 

私も早速読み始めましたが、メルマガになかったことも書いてあり、

紹介されているグッズなんかをまたこちらで紹介したいと思います。

 

青本は電子書籍のみの販売で、価格は280円です。

Amazonのプライム会員はKindle オーナーライブラリから無料で読むことができます。

 

Kindle Paperwhite+Amazonプライム会員」というコンビが手放せなくなりました。

Amazonプライム会員は年間3,900円でAmazonを注文したものがその日に届き、

さらに毎月電子書籍が1冊無料で読めます。kindleとの相性が抜群です。

 

○ 青本(くろほん)/高城剛著

  Amazonで見る

 

aohon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本書は、読者の皆様から数多くいただくご質問のなかから「旅」に特化しまして、

「日本編」「アジア編」「アメリカ・カナダ・中南米編」
「ヨーロッパ編」「オセアニア編」「アフリカ編」「高城式旅行術について」

それぞれ旅行ガイドブックには無いご案内をしております。

・親子3世代での箱根の楽しみ方とは?
・沖縄ラーメンとつけ麺のオススメは?
・東南アジアを周遊する際の、iPhoneの使い方。
・南米とニューヨークで地域戦略を感じたい。
・イビサでウニが採れるビーチはどこですか?
・ニュージーランド、オーストラリア、アジアの女性一人旅で気をつけ
 ることは?
・マラケシュ行きの飛行機がワルザザードに着陸した!?
・手荷物の制限をクリアするために、変わらず紙袋を使っていますか?
・オススメのバックパックはありますか?
・情報もない中、どうしたら良いレストランを見つけられますか?

ひとつでも多く皆様へお伝えしたいという想いで、

ご質問を頂いた当時にお答えできなかったものも、

この機に掘り出しまして、改めてお答えしたものもございます。

高城剛自身が訪ね、素晴らしい! おいしい! 楽しい! と

思った場所やコトだけを集めたリアルな「世界の遊び方」です。

〜 高城未来研究所『Future Report』Vol.161から引用(2014/07/18発行) 〜

 Kindle Paperwhiteは電子書籍端末として最高のガジェットです。

kp-slate-01-lg._V357616119_

関連記事

『50mm』THE TAKASHIRO PICTURE NEWS

高城剛『50mm』THE TAKASHIRO PICTURE NEWS 3/26発売

「高城剛が雑誌を作ると、こうなる」 この一文、痺れますね! 2018年3月26日、高城剛…

百草

世界を旅する高城剛を支える胃腸薬「御岳百草丸」でストレスフリー

高城剛のトークライブ 「裏があってもいいじゃないか!」で 限定販売された幻の「裏本」。 …

sony-RX0

SONY RX0|1型センサー搭載、GoProサイズの高級コンパクトカメラ

2017年10月27日にソニーから魅力的なカメラが発売されました。 1型センサー搭載の超コンパクトデジカメ「SON…

applewatch1709

高城剛がアップルウォッチを身に着けているワケ

iPhone Xが注目され、やや影は薄れていますが、 2017年9月22日、4GLTE対応(Cellularモデル…

不老超寿

最先端医療でハイパーエイジングの時代へ「不老超寿」高城剛著

高城剛が最先端医療数百万円の検査料金を投じ、 人体実験をした経験を綴った本書。 我が国が…

ページ上部へ戻る