高城剛が選ぶ小説2冊!

メリークリスマス!

 

2013年もあと一週間足らずで、いよいよ2014年がやってきますが、

どんな年末年始をお過ごしになりますか?

 

年末年始、海外へ行かれる方も、こたつで丸くなる方も、

時間をうまく使って、読書をしてみてはいかがでしょうか。

 

嬉しいことにこのタイミングで高城剛さんのオススメ小説2冊が紹介されました!

早速このブログでもご紹介します。

 

一冊目は「爆発した切符」ウィリアム・S・バロウズ著

○ Amazonで見る

○ 楽天で見る

61RnGLcl1aL._SL500_

プレミアがついているので、私も値段が上がる前に急いで購入しました!

 

私もこれから読むので、高城剛さんのコメントを紹介します。

サンリオSF文庫育ちの僕にとって、
ウィリアム・バロウズの「爆発した切符」は衝撃的でした。
まず、意味不明な文章が多すぎます(笑)。
まるで、頭のなかを混乱させながら、その中から感じる「体験」は、
僕が知るそれまでの「物語」とは別物でした。

 

 

二冊目は高城剛さんが近々再読したいという一冊です。

 

「ブリキの太鼓」 ギュンター・グラス著

○ Amazonで見る

○ 楽天で見る

51HEB14Y11L._SS500_

 高城剛さんのコメントです。

最近は、「ブリキの太鼓」を再読したいと思っています。
日本の現状から、そのように感じるのでしょう。

 〜 高城未来研究所『Future Report』Vol.131から引用(2013/12/13発行) 〜

 

素晴らしい一冊と出会えそうでワクワクしています!

-1month, 高城剛メルマガ掲載品
-, ,

Copyright© LIFE PACKING BLOG|ライフパッキング高城剛愛用品まとめ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.