高城剛英会話 高城剛旅行

© 《ハイパーノマド高城剛のカバンの中身》LIFE PACKING ライフパッキング-BLOG- All rights reserved.

sony7RII

SONY最強の全部入りカメラα7R Ⅱ・RX-100 IV

 

今回ソニーが次世代とも言えるカメラを発表!

ソニーは世界でもトップレベルのカメラのテクノロジーを持っています。

今回それが「α7R Ⅱ」に全部入っています。ない機能を探すほうが難しい。。。

 

4240万画素・ISOは拡張で100-10万を超え、ソニー初のフルサイズ裏面照射センサー、

フルフレームの4K動画、さらに5軸補正搭載で、他の追随を許さない本格モデル。

価格は海外で3,200$(日本円で約40万円)です。

 

また高城剛さんが「世界最高峰のコンデジ」と表する”RX100 IV”も大注目。

信じられないのがシャッタスピード。1/3万2000秒と超高速です(笑)

その他にもスーパースローでの動画撮影が大きな魅力。

なんと240/480/960fpsの3モードで本格的に作られています。

4K動画はもちろん対応。これで1,000$(約12万円)。

 

今週はついに、ソニーの新型カメラα7R llとRX-100M4が海外発表されました。
α7R llの4240万画素と4K動画、ISO102400、それに5軸手ブレ補正という「全部入り」感がとてもいいですね。
もう一眼レフは、過去のものになりつつあります。
あとは、レンズでしょうね。
さて、いままで僕は望遠のためだけにNikonV1シリーズのV3を使っていました(70-300mm f/4.5-5.6レンズ専用機として)。
野鳥撮影をする方々にNikonユーザーが多いのは望遠レンズが優秀で、それはかつての日本海軍の潜水艦潜望鏡技術のDNAだと僕は思っています。
そんなこともあって、野鳥を撮るためならNikonのV1シリーズはオススメです。
しかし近年、デジタル技術が著しく高度化し、画素が5000万近くなると、重い望遠レンズを持ち運ばなくても、中心解像度が高い小型レンズを使って、あとでトリミングしたほうが機動力が上がって良いのではないか、というのが僕の考え方です。
その上、デジタルズームも年々画質があがり、結果投資総額も少なくてすみます。
また、ミラーレスまで必要なければ、今週発表されたRX-100M4は、間違いなく世界最高峰のコンデジです。
ハイスピードなどの動画機能もさることながら、高倍率のズームも見逃せませんし、初心者向けのオート機能もバッチリです。

高城未来研究所「Future Report」Vol.208より引用

 

sony7RII

SONY α7R Ⅱ

Amazonで見る

 

 

 

RX100-IV

SONY Rx-100 Ⅳ

Amazonで見る

関連記事

Amazonプライムデー

20187/16

年に一度の大セール!Amazonプライムデー開催

アマゾンプライム会員だけの年に一度の特大セール 「amazon Prime Day(アマゾン プライムデー)」 …

BENRO三脚

高城剛愛用のBENROフラット三脚!持ち運びに優れ、旅行に最適

8Kカメラ、レンズ数本、ジンバルとLEDを たった10Lのバックパックに詰めて、 飛行機で世界中を移動してい…

裏ハローワーク

21世紀の匿名ハローワーク|高城剛対談集kindleで発売

高城未来研究所「Future Report」の読者の方、サウンドラジオはお聞きの方はもうご存知かもしれませんが、あの人気…

高城剛バックパック

20184/27

高城剛ショップ「THIS IS NOT A STORE」第一弾はバックパックを発売

高城未来研究所の新しい試み、「THIS IS NOT A STORE」。 …

『50mm』THE TAKASHIRO PICTURE NEWS

高城剛『50mm』THE TAKASHIRO PICTURE NEWS 3/26発売

「高城剛が雑誌を作ると、こうなる」 この一文、痺れますね! 2018年3月26日、高城剛…

ページ上部へ戻る